iPhoneの進化

新機能搭載のiPhone6


2014年9月10日に発表されたのがiPhone6です。日本では各携帯キャリアはもちろんのこと、Appleストア限定でSIMフリー版も販売されました。そして、iPhoneにおいて最も進化した部分は搭載されたA8でしょう。iPhone5sに搭載されていたものはA7ですが、A8になったことでCPUが25%、GPUが50%向上しました。そのため、これまで以上に複雑な処理が可能になりましたので、多くのアプリケーションが登場するようになったのです。さらに、気圧計も組み込まれているので、高度情報も知ることが出来ます。

そして、ディスプレイサイズの面でも大きく変化しており、4.7インチの大型ディスプレイが採用されました。小型化にはメリットがありますが、どうしても画面の見づらさが起こってしまいます。しかし、4.7インチになったことでストレス無く閲覧が可能となりました。さらに、Retinaディスプレイにもさらなる進化が加えられており、Retina HDディスプレイが採用されています。これによって黒の表示がより鮮明になっており、視野角も向上しました。

また、iPhoneではカメラ操作も重要なポイントですが、iPhone6では顔検出機能や手ぶれ補正なども搭載されています。128GBモデルも登場しており、容量面での心配も解消されました。