iPhoneの進化

進化したiPhone4


iPhone4は2010年6月7日に発表された機種で、iPhoneシリーズとして二度目のフルモデルチェンジが行われたモデルです。これまでのiPhoneはポリカーボネートの丸みがあるデザインとなっていましたが、iPhone4からは強化ガラスと平坦なデザインが採用され、これによって以前の機種よりも小型化が実現しました。スマートフォンはバッグやポケットに入れて持ち歩くことが多いため、こういった小型化は多くのユーザーが求めていたものでしょう。

そして、Retinaディスプレイを採用したことで、これまででは実現出来なかった超高解像度となり、カメラや動画がより鮮明に楽しめるようになっているのです。さらに、ジャイロセンサやマルチタスクなど機能面も充実しており、より高度なアプリケーションに対応しています。カメラ面でも機能が向上しており、前面にカメラを搭載することでビデオ通話も可能となりました。

また、これだけ機能が充実しているとバッテリー面が不安になってしまいますが、iPhone4はバッテリーを高用量化してA4プロセッサに移行することで、従来よりも40%ほど駆動時間が向上しました。さらに、ストレージも16GBと32GBから選択可能となっており、ストレージを気にせずに使用することが出来ます。


【当サイト関連リンク】
iPhoneを長く使っていると不具合が出てくるかと思いますので、そんなときに利用できるiPhone修理店を知っておくと便利です。こちらの修理店は全国にあるので、ぜひ参考にしてください ⇒⇒ iCracked